仕事のできる人になる方法

Sponsored Link

ベターな方法

人間と人間ですから、時には意見が衝突しますし、納得できないこともあるかもしれません。そんな時は、その場の雰囲気に合わせた、ベターな方法をとりましょう。ベストはなくても、ベターな方法は、たくさんあると思います。大事なことは冷静になることです。

見えないバリア

しかし、若いうちは、この冷静になることができないのです。相手の感情をまともに自分の中に受け入れてしまうからです。相手が怒り出しても、自分に影響がないようにするためには、「見えないバリア」を張ることです。この見えないバリアを作るには、経験が必要なのです。「自分はビジネスでこの人に文句を言われているのだ」「仕事の立場で言われているだけなのだ」「自分、○○○○○という名前の、人間に対して文句を言っているのではないのだ」という部分がしっかりと自覚できるまで、たくさんの経験を積む必要があります。この「見えないバリア」を築くためには、毎日仕事上で起こる色々な事に対して、与えられた自分の仕事を力いっぱい取り組むことです。与えられた仕事とは、人へ話をして、その人を納得させなければならない場合もありますが、これも「仕事」です。

コミュニケーションのとり方

人を納得させるためには、勉強する必要があります。質問をしてきた人が納得できるように、色々なことを細かく調べて、聞かれた質問に的確に回答をしなければなりません。ここで重要なのは、コミュニケーションのとり方です。相手は、「悪意」を持って接してくる人がいます。「悪意」とは、「わざと怒らせようとする」「無理を承知で文句を言う」「周囲の前で恥をかかせようと【お前は間違っている】などと、あらを指摘する」等々このような場合は、相手の言い分をまともに聞いていると、相手が、自分の中へ進入してきます。ここで、悪意のある人との対処方法ですが、話を聞き始めると悪意があるのか無いのかが、わかるようになります。

右の耳から聞いて左の耳へ抜けていく

「この人は、わざと言っている」ということがわかったら、バリアを張る練習をしてみましょう。「基本的には自分は関係ない」ということです。職場から一歩出た瞬間に忘れることができるのです。だからこそ、悩む必要は全く無いのです。もし、自分の中に悪意がある者が進入してくると、自分が侵入者に「汚染」されてしまうのです。このような状態が継続すると、病気にまでなってしまいます。悪意のある人との接し方ですが、「右の耳から聞いて左の耳へ抜けていく」こんな技が一番です。要するに聞いていなければ良いのです。

バリアを張れ!

この「バリア」を張れるようになれば、もう侵入者に汚染されることはなくなります。これは、対お客さんだけのノウハウではありません。上司や部下あるいは家庭の中でも同じことが言えるのです。人に言われたことを、そのまま、まともに受けていたのでは、自分がまいっちゃいますからね。なお、この技を身に付けるには、訓練が必要です。

 

 

プライバシーポリシー等

 

※お問い合わせ等はこちらです。

仕事,実務,ノウハウ

 

 

プライバシーポリシー